So-net無料ブログ作成
広告スペース

NHK 江 あらすじ

NHK 江 第22回 6/12(日)「父母の肖像」が放送されました。

あらすじのみどころは、徳川秀忠役の向井理が初お目見え。
そして、三姉妹の父母の肖像画。これはスタッフが仕上げた
そうで、父母役の時任三郎と鈴木保奈美にそっくり。
実にお見事!でした。


さて、秀吉(岸谷五朗)は淀と呼ばれる地にお城を築き、
茶々(宮沢りえ)に与えます。そこで茶々(宮沢りえ)は見事、
男の子を出産。

初(水川あさみ)と夫・京極高次(斎藤工)はお祝いに来訪。
茶々(宮沢りえ)の子・鶴松の誕生を我がことのように
喜びます。


この様子を見ていた江(上野樹里)は居場所のないことに
淋しさを覚えます。

その後淀は、鶴松を産む前に交わした願いを秀吉に告げます。
父・浅井長政と母・市の菩提を弔う追善供養です。


秀吉はこれを快諾。見ていた江は、再び自分の
居場所のないことを感じます。

一方、家康(北大路欣也)は北条攻めが決まり、
三男・竹千代(向井理)に初陣が近いことを告げます。
ところが、竹千代は父への不満から、何かと皮肉っていきます。

滋賀県信楽に関連する商品を楽天市場で探す
タグ:NHK あらすじ

NHK おひさま 感想

NHK おひさま 6/13(月)第61回の
あらすじと感想です。

昭和18年の大晦日。
結婚して4か月が経ちました。


大晦日とあって、丸庵は大忙し。
手紙を和成(高良健吾)に何通も出しては
いるけど、返事はありません。

お店も終わった大晦日の夜、陽子(井上真央)は
和成(高良健吾)に思いを馳せます。心配で、
恋しくて仕方ありません・・・

明けて昭和19年元旦。
郵便が丸庵に届きます。
見ると、和成(高良健吾)からの手紙があります。

信州安曇野フレ...

信州安曇野フレ...
価格:1,820円(税込、送料別)


「太陽を見ていると私は幸せな気持ちになれます」に
続いて、どうやら南方へ行くようです。
陽子(井上真央)はこの時、和成(高良健吾)が
戦場にいる怖さを強く感じとります。

「戦場にいる」ということは「死ぬかも知れない」
ということ。陽子(井上真央)は「死」ということを
強く意識してしまいます。

NHK おひさま 6/13(月)第61回以降は戦況が
どんどん悪化していきます。脚本の岡田恵和さんが
どんな展開を見せるのか?楽しみです。

信州そばに関連する商品を楽天市場で探す

NHK おひさま 感想

NHK おひさま 第60回。
今回も感想を多く持ちました。

丸山家に女学校時代の仲良し3人組のメンバーが集まります。
育子(満島ひかり)に話しが向かうと、やはり雑誌記者を
忙しくやっていると作り話。


トイレにと席を立った育子(満島ひかり)は作り話をする
自分に涙してしまいます。「眩しすぎるよ、あんた達」

女学校時代の英語教師・オクトパスが好物のそばを食べに
丸庵を訪れます。3人のいる2階へと案内されて、一様に驚く4人。

敵性語となった英語は学校から追放され、オクトパス・飯田小太郎
(近藤芳正)は教師を辞めて繊維工場に勤務。

そんなオクトパス・飯田小太郎(近藤芳正)を案じて、3人は
英語の授業がとても人生の役に立っていることを伝えます。
「Well ladies,enjoy your life!」(女性たちよ、良き人生を!)

近藤芳正ハゲレット~Hagele...

近藤芳正ハゲレット~Hagele...
価格:4,935円(税込、送料別)


思い出をしっかりと刻んでくれた先生、力をくれた言葉。
みんなみんな持っています。

NHK おひさま にはよく役に立つ言葉が頻繁に出てきます。

実際、この一言が3人の人生を支える言葉になっています。
オクトパス・飯田小太郎(近藤芳正)は自分が役に立っていた
ことを喜び涙します。

3人は楽しくも懐かしい時間を過ごし、育子(満島ひかり)は
東京へと帰っていきます。

【23%OFF!】満島ひかり「キラリラ・...

【23%OFF!】満島ひかり「キラリラ・...
価格:2,263円(税込、送料別)


話しは現代へ戻り、房子ちゃん(斎藤由貴)は自問します。
戦時下の苦しい状況を我慢できないのではないかと。

現代の陽子(若尾文子)はいいます。
「我慢は出来るか?出来ないか? ではなくて、
するか!しないか!なの」と。

ここにもNHK おひさま の役に立つ言葉が。

満島ひかりに関連する商品を楽天市場で探す
★たった1度の紹介が無限のアフィリ報酬へと変わる・・・★

NHK 江 あらすじ 感想

NHK 江 第21回 豊臣の妻が放送されました。

あらすじの始まりは、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と
結ばれたことを知り、ショックを受ける江(上野樹里)。


相談相手の龍子(鈴木砂羽)は秀吉の側室にもかかわらず
全く気にしていません。

そんな悶悶とする江のもとへ北政所(大竹しのぶ)が訪ねてきます。
そこで江は北政所の複雑な思いを聞きます。
何と言っても北政所の考えは深い。

そして、北政所(大竹しのぶ)は茶々(宮沢りえ)を訪ね、
思うところを開陳します。

茶々(宮沢りえ)は側室ではない!
北政所(大竹しのぶ)は豊臣の妻。
茶々(宮沢りえ)は後継ぎを育てる妻。
豊臣には二人の妻がおり、それぞれが役割を分担するのだと。


子供を産めなかった北政所(大竹しのぶ)。
徳川家康も一目置いたと言われる北政所(大竹しのぶ)。

秀吉と二人で築いてきた豊臣の家 という思いは強い。

これからどうなっていくのか?
さらにさらに、面白くなって行きます。

感想を書いたらきっと、長ーーーい記事になります。

大竹しのぶさんに関連する商品を楽天市場で探す
★日本初!高報酬×無料登録紹介の「継続アフィリ」が遂に公開!!★


NHK 江 あらすじ

NHK 江 第21回が明日6日に放送されます。
あらすじはいよいよ江が秀吉の側室となって、
波紋が広がっていくようです。


親の仇の秀吉を江が許せるはずもなく、北の政所様も
他の女ならいざ知らず、茶々が相手ということになると
これはもう全く別問題。

ひと悶着もふた悶着もあって当然の 江 第21回なわけでして。
波紋も波紋、大波紋が予想できます。

また、利休の茶室に、徳川家康が登場だとか。
武家の雄と茶の達人が何を話すのか?
当然政治の話しになるし、秀吉がまたここで自慢話しや
のろけを聞かそうとすることも・・・

みどころいっぱいの NHK 江 第21回です。

お香お線香に関連する商品を楽天市場で探す
普段通り生活するだけで毎月17万円ゲット!

ドラマ 幸せになろうよ 感想

ドラマ 幸せになろうよ の第7話はショッキングでした。
感想も自然と冷めたものになりそうです。

矢代英彦(藤木直人)は妻の遠藤聖子(奥田恵梨華)から
「お腹の子は小嶋の子供」だと告知されます。



幸せになろうよ とみんな頑張っているのに。
ドラマの中では一度はぶち壊しにかかる。

そんなことを言われたら頭は真っ白に。
そんなことを言った妻・遠藤聖子(奥田恵梨華)の顔を
じっと見つめてしまいます。

「なんでそんなことを言うの?」「どういうつもりなの?」
「何をどうしたいの?」・・・

結婚している相手に「お腹の子供は浮気相手のこどもだよ」
なんて冗談にも言えない。
でも、こいつは本気で言ってる。まともじゃあない!

でも、まともに言っている。
頭の中はグルグル回っている。

でも、何が何だかまとまらなくて!?

矢代英彦(藤木直人)の呆然とした表情が印象的でした。

黒木メイサさんに関連するファッションを楽天市場で探す
この方法で、私は何もしなくても毎月17万円もらっています

NHK 江 茶々

NHK 江 第20回 茶々の恋ではいよいよ、秀吉の人生の中で
一番分からないことが明らかになっていきます。

あの誇り高い茶々がどうして秀吉の側室になったのか?
茶々の最愛の人である母お市も秀吉は大嫌いでした。


ましてや秀吉は父母の仇。それも一度ならず二度までも。
そんな憎んでも憎みきれない、大嫌いな筈の秀吉に茶々は
何故気持が傾いたのか?
不思議でならなかったのですが・・・

衣食住についてセレブとして扱う秀吉。
自分の思いをストレートに伝える秀吉。
一度や二度断られて位で引き下がるのではなく、
何度でも食い下がる秀吉。
月明かりの下で心情を吐露する秀吉。

力が頼りの戦国時代にあって、日本最強の男に守られることは
安心感が違います。

宮沢りえに関連する商品を楽天市場で探す
この方法で、私は何もしなくても毎月17万円もらっています。
タグ:NHK 茶々
Copyright © 日々新た!? All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。