So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

NHK 江 あらすじ 感想

NHK 江 第21回 豊臣の妻が放送されました。

あらすじの始まりは、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と
結ばれたことを知り、ショックを受ける江(上野樹里)。


相談相手の龍子(鈴木砂羽)は秀吉の側室にもかかわらず
全く気にしていません。

そんな悶悶とする江のもとへ北政所(大竹しのぶ)が訪ねてきます。
そこで江は北政所の複雑な思いを聞きます。
何と言っても北政所の考えは深い。

そして、北政所(大竹しのぶ)は茶々(宮沢りえ)を訪ね、
思うところを開陳します。

茶々(宮沢りえ)は側室ではない!
北政所(大竹しのぶ)は豊臣の妻。
茶々(宮沢りえ)は後継ぎを育てる妻。
豊臣には二人の妻がおり、それぞれが役割を分担するのだと。


子供を産めなかった北政所(大竹しのぶ)。
徳川家康も一目置いたと言われる北政所(大竹しのぶ)。

秀吉と二人で築いてきた豊臣の家 という思いは強い。

これからどうなっていくのか?
さらにさらに、面白くなって行きます。

感想を書いたらきっと、長ーーーい記事になります。

大竹しのぶさんに関連する商品を楽天市場で探す
★日本初!高報酬×無料登録紹介の「継続アフィリ」が遂に公開!!★


Copyright © 日々新た!? All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。